2020年版の「銀座でかき氷」に書き換えました。

ここ数年、かき氷は大きく進化しました。
天然氷は今や当たり前。エスプーマやこだわりのトッピングなど、素材が大きく進化したり、あるいは、氷の削り方などもお店によっていろいろと工夫がみられます。




私の好みがすべてですが、厳選の5店舗を披露いたします。
この夏、銀座に来られたら、ぜひお試しください。
記事の下には、食べてきた銀座エリアかき氷の全リストを掲載しています。

第1位 Parlor Vinefru

第1位 Parlor Vinefru

元雪ノ下銀座店の店主が新たにオープンさせたパンケーキとかき氷のお店。
雪ノ下を押しのけて、銀座ナンバーワンにさせていただきました。
研究熱心の店主さんによる新しいメニューが次々と開発されてます。進化が楽しみなお店です。
記事へ⇒『銀座 PARLOR VINEFRU(パーラービネフル) ベリーとピスタチオ エスプーマのかき氷 | ローストビーフとフォアグラのロッシーニ風パンケーキ

第2位 HIGASHIYA GINZA

第2位 HIGASHIYA GINZA

氷だけに限って言えば、HIGASHIYAがダントツのおいしいです。
手でガリガリと削るからおいしいのか、氷の出来が良いのかわかりませんが、ふわふわの氷は、高級感と気品さえ感じさせます。
特に、抹茶金時のかき氷は、ふわふわの氷に、お抹茶の香り漂う本格かき氷。苦味、渋みのうまさがわかる、まさに大人のかき氷です。
記事へ⇒『銀座 HIGASHIYA GINZA かき氷 甘夏 | かき氷 抹茶金時

第3位 神乃珈琲

第3位 神乃珈琲

コーヒーかき氷のジャンルで、頂点を目指して、毎年進化をとげているのが、神乃珈琲の珈琲の天然氷のかき氷。
究極のコーヒーを出しているお店らしく、かき氷にも、使っている素材に力を入れているように思います。
品薄の天然氷を、しっかり確保しているあたりも評価高い要因です。
記事へ⇒『銀座 神乃珈琲 天然氷のかき氷 | 和栗のモンブラン

第4位 麦酒屋るぷりん・炭火屋るぷりん

第4位 麦酒屋るぷりん・炭火屋るぷりん

ここはスイーツやさんではなく、クラフトビールを飲めるお店なんですが、最後のデザートとして、天然水のかき氷を出すようになり、このかき氷がとてもおいしいと口コミで伝わり、今や「るぷりん」と言えば「かき氷」、銀座のかき氷と言えば「るぷりん」と言われるくらい有名になってしまったお店。
天然氷があればラッキー、なくても、ふわふわにけずられた氷がとてもおいしく、四季を通じておいしさを満喫できるスイーツとなっています。
2階の炭火屋るぷりんでも、同じようにかき氷が食べられます。
記事へ⇒『銀座 麦酒屋るぷりん あまおう 豆乳チーズのかき氷、反射炉ビヤ頼朝(黒ビール)

第5位 銀座風月堂

第5位 銀座風月堂

銀座らしい上品なかき氷で選ぶなら、この銀座風月堂かとらやのどちらかを選びたくなりますが、今年は銀座風月堂を選ぶことにしました。
ふわふわの氷にあわせるのは、和三盆のほんのりした甘さだったり、苦味のきいた抹茶とあずきだったり。
主張のない感じのかき氷のため、うっかりすると、その良さがわかりにくいのですが、絶妙な甘さだったり、ちょうど良い柔らかさのあずきだったりと、まさにちょうどよい加減を狙ったかき氷は、この銀座風月堂ならではだと思います。
記事へ⇒『銀座 銀座風月堂 鯛茶漬けとお菓子のコース | モンブラン



食べてきた銀座エリアかき氷の一覧です

実際食べてきたかき氷は、もっとたくさんあります。上記5店舗は、この中からの厳選したものですので、間違いなくおすすめできるものです。
参考までに、ブログ掲載分での各年ごとのかき氷を一覧にしましたので、どうぞ御参考ください。(期間限定のものもございますので、今年もメニューにのるかは各店舗にお問い合わせください。)

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年