有楽町 林屋新兵衛
■10/9(土) カフェ
■和もんぶらん(お茶セットつき) 2,420円
秋晴れの良い天気の中、伺ったのは、ひさしぶりの東京ミッドタウン日比谷。天気に恵まれていることもあって人出はだいぶ戻っています。
そして、今日のお目当ては、2階の和カフェ、林屋新兵衛。



外観

林屋新兵衛 外観

メニュー

秋の季節限定のメニューはこちらの2種類。
林屋新兵衛 メニュー

カフェ

注文したのは、今年の新作メニューとなる、和もんぶらん。
実物を目の前に置かれると、メニューの画像で見るより迫力があります。
林屋新兵衛 和もんぶらん
今にも動きそうな、ムックの後ろ姿にも見えてきます。
林屋新兵衛 和もんぶらん
中は、バニラアイスと柔らかな栗のババロア。
その下に、オレンジの層で味の変化をつけて、最下層にはウエハースでザクザクな食感となってます。
林屋新兵衛 和もんぶらん
ドリンクつきにして、煎茶をいただきました。
林屋新兵衛 煎茶

最後に

巨大モンブランは、なかなか凝っていて、パテシェさんの力作だと思います。
和栗がうまい、というよりは、全体としてうまくまとまった、よく出来たスイーツという印象でした。
期間の提示はありませんが、秋限定ですので、逃さずにお早めに。

店舗情報

店名林屋新兵衛
住所
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F

場所: Go to Google map
TEL03-6550-8727
営業時間

[月~日] 11:00~23:00
休みなし

ホームページ

——–
有楽町 林屋新兵衛
■2020/8/29(土) カフェ
■加賀氷 1,320円
良いお天気で、気温も上がってかき氷日和。
今日は、夏後半のかき氷を求めて、東京ミッドタウン日比谷の林屋新兵衛へ。



外観

林屋新兵衛 外観

メニュー

かき氷メニューは、昨年同様3種類ですが、名称が変わったのと、メニューの写真を見る限り、少し内容もグレードアップされているような気がします。
林屋新兵衛 メニュー

かき氷

注文したのは、加賀棒茶のほうじ茶を使ったかき氷、加賀氷。
林屋新兵衛 加賀氷
トッピングは豪華に、ほうじ茶ゼリーに、ほうじ茶アイスに、そして粒あんに白玉。
林屋新兵衛 加賀氷

最後に

銀座店のときから林屋新兵衛のかき氷は定評あるので、やっぱりおいしいと思います。
内容グレードアップして、完成度も上がって、よいかき氷だと思います。

——–
有楽町 林屋新兵衛
■2019/6/22(土) カフェ
■宇治氷 1,350円
私を含め、たくさんの声に応えてくれました。
今日は、東京ミッドタウン日比谷の甘味処、林屋新兵衛へ。
昨年までなかったかき氷を、今年は先月の5月から始めてます。



外観

林屋新兵衛 外観

メニュー

かき氷メニューは、3種類。
林屋新兵衛 かき氷メニュー

かき氷

注文したのは、宇治氷で。
カウンター席に座ると、近くでゴリゴリと氷を削ってるところが見えてきて、今度のは自分のかなとワクワクしていきます。
林屋新兵衛 宇治氷
そびえたつかき氷。
てっぺんには、綿帽子のような白い氷がのってます。
林屋新兵衛 宇治氷
苦みのきいた抹茶味の中から、途中に抹茶アイスと、粒あんがでてきて、苦みから甘い味に味が変化します。
林屋新兵衛 宇治氷の中

最後に

閉店した銀座店では、通年で提供していたかき氷メニューですが、今度は、夏限定なのか通年メニューとするかはまだ未定とのこと。
いずれにしろ、お願いしていたメニューを叶えられてくれたことに感謝です。

——–
有楽町 林屋新兵衛
■2018/10/8(月) カフェ
■抹茶生クリームあんみつ 1,188円
東京ミッドタウン日比谷の甘味処、林屋新兵衛でカフェ。
以前は、銀座にお店がありましたが、東京ミッドタウン日比谷に移転してきました。



外観

林屋新兵衛 外観

メニュー

前の銀座店のときは、ランチにうどんや、年中用意されていたかき氷がありましたが、日比谷に移ってからは、抹茶味の甘味のメニューばかりとなっています。抹茶パフェやあんみつ、わらび餅などがイートインで食べられます。
余談ですが、かき氷のリクエストが多いようで、来年夏でもできないかを検討中だそうです。私の方からも、ぜひぜひぜひ、とお願いしておきました。

スイーツ

今回注文したのが、抹茶生クリームあんみつ。
林屋新兵衛 抹茶生クリームあんみつ
黒蜜かけて、いただきます。
林屋新兵衛 黒蜜かけたクリームあんみつ
抹茶のクリームが苦みよりも、さわやかさがある、なめらかクリームでした。
抹茶スイーツの先駆けの京はやしグループですので、抹茶スイーツはお手の物です。

最後に

東京ミッドタウン日比谷オープン当初は、この林屋新兵衛もひどい込み具合でしたが、休日でも少し待てば席を確保できるようになりました。和カフェとして、東京ミッドタウン日比谷の中でも存在感のあるお店です。