銀座4丁目 ボン ボヌール@三越
■2/8(土) カフェ
■ジャルダン・デ・フレーズ 1,980円
工事中のため、迷路のような通路となっている銀座三越の4階。
今日は、銀座三越4階のカフェ、ボン ボヌールへ。



ネット予約

外観

ボンボヌール 入口

メニュー

スイーツメニューは、いちごを中心にした春に向けてのスイーツです。
ボンボヌール メニュー

スイーツ

注文したのは、セバスチャンブイエ スペシャルのジャルダン・デ・フレーズ、「いちごの庭」。
ボンボヌール ジャルダン・デ・フレーズ
このスイーツプレート、昨年のいちごの季節に初めて提供され、好評だったとのことで再登場。今年も、食べることができるようになりました。
ボンボヌール ジャルダン・デ・フレーズ
大きないちごを割ってみると、いちごのソースが出てきます。
このいちごのほんのりとした酸味と、まわりのピスタチオのクリームとの組み合わせがとてもおいしいのです。
ボンボヌール ジャルダン・デ・フレーズ

最後に

ここのスイーツは、アートなような見た目のすばらしさだけでなく、食べてもおいしいのだから、もう完璧です。
今回のも、おすすめスイーツです。

ネット予約

店舗情報

店名ボン ボヌール
住所
東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 4F

場所: Go to Google map
TEL03-6264-4773
営業時間

[月~日] 10:00~20:00(L.O.19:30)
休みなし(銀座三越に準ずる)

ホームページ

——-
銀座4丁目 ボン ボヌール@三越
■2019/8/25(日) カフェ
■ペーシュ・メルバ 1,944円
今日は、銀座三越の4階のフレンチデセールのお店、ボン ボヌールでカフェ。



外観

ボンボヌール 外観

メニュー

季節ごとにメニューが替わり、夏メニューは、夏の季節らしい、桃のデセルや、氷を使ったデザートなど。
ボンボヌール メニュー

スイーツ

注文したのは、メニューを拝見しても、ひときわ目立つ、セバスチャン・ブイエスペシャルのペーシュ・メルバ。
ボンボヌール ペーシュ・メルバ
中央に、桃のスイーツ。周りに、マカロンやベリーなどをちりばめられてます。
ボンボヌール ペーシュ・メルバ
桃のスイーツを割ると、中から、桃の果肉と果汁がどろっと出てきます。
ボンボヌール ペーシュ・メルバ

最後に

見た目の美しさだけでなく、おいしいスイーツです。
まさに、完璧なデザートです。

——-
銀座4丁目 ボン ボヌール@三越
■2018/12/24(月) カフェ
■フォレノワール 1,944円、コーヒー(セット) 648円
メリークリスマス!
クリスマスイヴにお届けするのは、クリスマスらしいスイーツと思い、先日ランチに伺ったばかりの銀座三越の4階カフェへ。



外観

ボン ボヌール 外観

メニュー

スイーツメニューは、プレートで提供されるスイーツと、
ボンボヌール メニュー2
プチガトーとして、ショートケーキも用意されてます(画像の右側)。
ボンボヌール メニュー1

スイーツ

注文したのは、前回のランチのときにチェックしていたフォレノワール。
クリスマス限定ではありませんが、どことなくリースっぽくみえるクリスマスにふさわしいデセールです。
ボンボヌール フォレノワール
真ん中に、チェリーに見立てたケーキが置かれてます。大きいのでリンゴにも見えなくもないですが、チェリーです。
芸術品でも、眺めているかのような感覚になります。
ボンボヌール フォレノワール
チェリーを割ると、どろっとしたチェリーのソースと、その外側には、チョコレート。チョコとチェリーのバランスがよく、とてもおいしいスイーツです。
また、ナイフを入れたときに、フォンダンショコラのように、ソースが流れ出す瞬間は、目で楽しむ見どころのひとつです。
ちなみに、外側の葉っぱや枝の緑も、抹茶味でちゃんと食べられます。
ボン ボヌール チェリーソース
セットのコーヒーつきにしました。
ボンボヌール コーヒー

最後に

前回いただいたフレントのプレートは、けっして悪くはないですが、お値段なりかな、といった感じでしたが、今日のスイーツメニューは、かなりの力作。食べるに値する逸品でした。
とくに、今日いただたセバスチャン ブイエスペシャルとされたフォレノワールは、おすすめです。スイーツ好きな方には、ぜひお試し頂きたいメニューです。
とりあえず、スイーツに限っては★4つとしておきます。

——-
銀座4丁目 ボン ボヌール@三越
■2018/12/20(木) ランチ
■ポワソン 1,620円
今日のランチは、昨日、銀座三越の4階にオープンした、フレンチ&デセールのお店、ボン ボヌール。
今日はスイーツではなく、ランチ利用で訪問しました。



メニュー

フードメニューは、ランチメニューというわけではなく、終日の通しメニューのようですが、お魚とお肉料理を合わせたプレートメニューのコンプレ。お肉だけのジアンド。魚プレートのポワソン。
パスタやサンドウィッチなどが用意されてます。
ボン ボヌール メニュー

料理

注文したのは、魚プレートのポワソンです。
4つの料理のプレートと、向こう側は、ごぼうのスープとパンというセットメニューです。
ボンボヌール ポワソン
白身魚と、蟹とコンソメジュレ、マッシュポテトと、バーニャカウダ。という内容。
ちょっとづつの料理で、それぞれがおいしく、んー、もう少し食べたい、という感じでした。
ボンボヌール 魚のプレート

最後に

かなり軽い内容でしたが、おいしい料理です。できれば、プレートランチではなく、ちゃんとしたポーションでのフレンチ料理を頂きたいところでした。お値段そこそこするため、コスパは、正直あまりよくありませんが、内容は良いレベルにまとまっていると思います。

なお、デザートの方は、フランスのリヨンを本店に、日本でも店舗を構えるセバスチャン ブイエ氏。白金フレンチレストランのラクープドールのシェフの坪香絢也氏のタッグを組んでの出店。
今回は、フレンチを頂きましたが、周りを見渡すと、スイーツ食べてらっしゃる方が多く、やっぱりデザートも来なければ、と思った本日のランチでした。