銀座5丁目 吉野
■4/30(土) カフェ
■和栗のモンブランかき氷 1,800円
日差したっぷり、そして、少し冷たい心地よい風。絶好の行楽日和。なので、銀座は混んでます。
どこに向かっても人混みに巻き込まれそうでしたが、ここなら行けそうな気がした、三笠会館3階の吉野。



ネット予約

外観

三笠会館 外観

かき氷

すっかり忘れてましたが、昨年の夏から始まった、こちらのかき氷。寒い時期でも通年続けておられます。
かき氷メニューは、通年食べられるのが、マンゴー、いちご、抹茶味の3種類。
氷処みかさ メニュー
ただ、昨年の秋の季節で期間限定だった和栗のモンブランかき氷。もうとっくに終わっているかと思いきや、ぎりぎりまだやっていたので、こちらを注文。
吉野 和栗のモンブランかき氷
茨城県笠間産の和栗がたっぷりかけられていて、和栗の風味が口いっぱい広がって、なかなかおいしい。
吉野 和栗のモンブランかき氷
栗の下には、氷ですが、練乳を凍らせたタイプのかき氷になってます。
ついている、苦みたっぷりのコーヒーシロップと、甘さたっぷりの栗シロップをいっしょにかけながら食べると、絶妙な調和がとれて、さらにおいしさがパワーアップします。
吉野 和栗のモンブランかき氷

最後に

今回いただいた和栗のモンブランかき氷と同じく秋の季節からやっていた焼き芋は、もう時期的に終了予定で、GW中は微妙とおっしゃってましたので、今から伺っても注文できないかもしれません。そのときは、今年の秋までお待ちください。
通年食べられる3種類のかき氷なら、いつでも食べることが可能です。

ネット予約

店舗情報

店名吉野
住所
東京都中央区銀座5-5-17 三笠会館本店 3F

場所: Go to Google map
TEL050-3134-5667
営業時間

[月~金] 11:30~14:30、17:00~22:00
[土日祝] 11:00~22:00
休みなし

ホームページ

——
銀座5丁目 吉野
■2021/11/1(月) ランチ
■うな重(竹) 4,400円
今年の11月1日は、秋の土用の丑の日。なので、せっかくなので、うなぎを食べに、うなぎ専門店の斑鳩へ。



外観

吉野 斑鳩 説明書き
斑鳩では、あまり馴染みがないので、ようするに三笠会館の日本料理のお店、吉野です。
かき氷はみかさ、うなぎは斑鳩と、吉野とは別名で営業しています。
吉野 斑鳩 外観

メニュー

メニューは、うな重のみ。
吉野 斑鳩 メニュー

料理

注文したのは、うな重のお安いほうの竹で。
うなぎはだいたい1尾サイズで、肝吸いつき。
吉野 斑鳩 うな重
タレは、どちらかと言えば、あっさり系。
身はやや細身ですが、見ための焼き具合よりも、中はふっくら柔らかな蒸した感じが出ています。
吉野 斑鳩 うな重

店内

通常の吉野は、窓際席で、その横はかき氷のみかさ、そして、うなぎの斑鳩は奥のお座敷へ連れて行かれます。
なんだかひとりなのに、申し訳ないです。

最後に

うなぎは、まぁまぁ。悪くはないです。

それにしても、吉野、みかさ、斑鳩と、いろいろと策を講じてがんばってらっしゃるのはよくわかります。
ちなみに、みかさでは、まだまだかき氷は絶賛発売中で、かき氷に加えて、焼き芋もメニューに追加されたとか。焼き芋は、自分で焼くスタイルだそうで、楽しそうなのでお時間あれば伺いたいと思います。

——
銀座5丁目 吉野
■2021/7/10(土) カフェ
■マンゴーかき氷(お茶セット) 2,400円 → ここから優待券で10%引き
三笠会館が、歌舞伎座前で氷水屋として創業したのがはじまりとは、知りませんでした。大正14年のことだそう。
真夏のような太陽の下、今日のかき氷は、三笠会館の吉野です。



看板

氷処みかさ 看板
なお、7/5からスタートしてますが、その5日の日にビル前で配っていた10%引き優待券を持参しての訪問です。運が良いと、ビル入口でもらえるかもしれません。
氷処みかさ 優待券

メニュー

かき氷メニューは、3種類。
氷処みかさ メニュー

かき氷

注文したのは、マンゴーのかき氷。
マンゴーがこぼれんばかりに盛られてます。ご覧の通り、一部こぼれてます。
氷処みかさ マンゴーかき氷
氷の上には、マンゴーアイスがのせられてます。
大きな氷の山ですので、食べ応えがありそうです。
氷処みかさ マンゴーかき氷
中の氷も、マンゴー味。
氷処みかさ マンゴーかき氷
お茶つきセットにしました。
氷処みかさ ほうじ茶

店内

かき氷の氷処みかさは、三笠会館3階の吉野の店内にあります。
窓際席は、お食事の吉野、奥側の席が氷処みかさという具合に、エリアを分けていました。

最後に

完熟のマンゴーがたっぷりのってますし、マンゴーシロップの果汁感もたっぷりで、三笠会館の気合の入れようがよく伝わるかき氷でした。
ただマンゴー味一色で攻めるのは、実は味が単調となり、途中で飽きてくるのが難点。
マンゴーの完熟度といい、出来はよいのに、味の変化がまったくなく、最初から最後までマンゴー味で通されるので、後半はかなり厳しくなってきます。
その点、先日まで銀座で出張営業されていた札幌人気の氷店のナナシノさんでは、ひとつのかき氷に3種類の味で変化をさせていたり、絶品といわれるくろぎのかき氷は、途中に砕いたクラッカーで食感に変化をつけたりと、おいしいと言われるかき氷では、途中途中で変化を加えて飽きさせない工夫をされています。
ものは良いものを使って作られたかき氷なので、こういう点を考慮した改良を期待したいところです。

——
銀座5丁目 吉野
■2020/3/23(月) ランチ
■鯛茶漬け御膳(平日限定メニュー) 2,640円、鯛増量 440円+サービス料10%
今日のランチは、三笠会館3階の日本料理の吉野でランチです。



案内

吉野 案内

メニュー

ランチは五千円くらいの懐石料理のお店ですが、平日ならば、少し価格帯を下げたすき焼き御膳や鯛茶漬けが用意されてます。
吉野 メニュー

料理

注文したのは、鯛茶漬けで。平日10食限定メニューです。
プラス400円(税抜き)で、鯛を増量できるので、増量でお願いしました。
吉野 鯛茶漬け
最初に、ゴマダレといっしょに、鯛をごはんにのせていただきます。
吉野 鯛茶漬け
ごはんをおかわりして、続いて、お茶漬けにしていただきます。
鯛を増量にしていたので、たっぷりのせられます。
吉野 鯛茶漬け
ごはんは、3杯くらいおかわりできる量をご用意いただきました。
吉野 お櫃
デザートに甘味がつきます。
吉野 デザート

店内

平日だからでしょうか。それとも新型コロナウイルスの影響でしょうか。
銀座の飲食店さんも、サラリーマン相手のお店ならば、平日でも比較的席が埋まってますが、こちらはかわいそうなくらいガラガラです。

最後に

鯛は増量にして正解。増量にして8切れくらいだったか。そうしないと、お茶漬け用の鯛がさびしくなります。
三笠会館ですから、そこそこおいしいと思います。