銀座6丁目 くろぎ茶々
■5/9(火) ランチ
■鯛茶漬け 2,700円
だいぶ落ち着いてきたGINZA SIX。長い行列もだいぶ短くなり、店内通路の人通りも普通になってきました。
今日のランチは、日本料理のくろぎと京都宇治茶の福寿園がコラボしたくろぎ茶々。地下2階に店舗があります。




くろぎ茶々 外観
カウンター5席ばかりですが、イートインコーナーで、鯛茶漬けを頂けます。
先週までは、1時間以上待たされてましたが、今日はすんなりと席を確保できました。
くろぎ茶々 メニュー
最初に、福寿園の玉露の水出し茶。
くろぎ茶々 玉露の水出し茶
そして、鯛茶漬けの用意ができました。
鯛茶の他に、だし巻きたまごと小鉢がつきますが、さすがくろぎさん、とても上品な味付けです。
くろぎ茶々 鯛茶漬け
まずは、茶漬けにする前に、ごはんの上に、そのままごまだれの鯛をのせて頂きます。
なかなか厚手の鯛の切り身です。「どこぞの鯛茶漬けとは違いますから」とお店のご主人がおっしゃてましたが、さてどこのでしょうか、とは突っ込みませんでした。
なかなかおいしいです。
くろぎ茶々 鯛の切り身
半分くらい頂いたところで、熱々のお茶をさして茶漬けにします。
お茶は、最初に、玄米茶か京の深差し茶を選べますが、深差し茶を選ぶ方が圧倒的に多いとのこと。私もそれにならいました。
くろぎ茶々 深指し茶
うむうむ。なかなかの美味です。
くろぎ茶々 お茶漬け
食べ終わる頃に、ご主人から鯛のおかわりいかがですかと、おかわりの声をかけて頂きますので、ありがたくおかわりを頂きます。
ごはんのおかわりなら、ありそうですが、鯛のおかわりは初めての経験かもしれません。
これで終わりかと思いきや、ごはんもおかわりはどうですか、と問われ、さらに、鯛がはいったボールをもちながら、ご主人が待ち構えてます。これは、もはや、”わんこ鯛茶漬け”状態になっており、何杯でもおかわりしてくれそうな勢いです。
くろぎ茶々 鯛茶づけ
食後のデザートは、テレビでもよく取り上げられている常葉と和紅茶。
くろぎ茶々 デザート
上が抹茶の練り物、下がクリームチーズという組み合わせ。
くろぎ茶々 抹茶とチーズ
店内、小さなスペースのカウンター5席。
ただ、外の通路としっかりと、壁でセパレートされてるため、外の喧噪とは離れて、ゆっくりと食事ができる環境にあります。

それにしても、鯛茶漬けはサービス良すぎです。
「気前よく配っちゃうと、後半、品切れ気味でサービスが悪くなっちゃうんですよね」、とおっしゃってましたが、あの調子で配っていたら、たしかに品切れになってしまうかもしれません。
また、先週までの激込み具合から考えると、だいぶ入りやすくなりましたし、たくさん鯛も頂けそうです。
これなら満足の★3.5

店舗情報

店名くろぎ茶々
住所
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B2F

場所: Go to Google map
TEL03-6264-5754
営業時間[月~日] 10:30~20:30
休みなし

ホームページ