明けましておめでとうございます。
昨年は、『銀座でランチ♪』をご覧頂き、誠にありがとうございます。本年も変わらずに、銀座での食事の参考にして頂ければと存じます。
引き続き、何卒よろしくお願いいたします。



今年最初の記事は、昨年ご覧頂いた記事の中で、アクセス数の多かったお店を、ランキング形式でまとめました。
このランキングでは、話題性があって、検索されそうなレストランの記事が上位にあがっています。
流行りに遅れぬよう、まだ未訪問のお店があれば、伺ってみるのもよいかと思います。

ちなみに、2020年のアクセス数No.1は、その当時の自民党幹事長だったお方が主催の忘年会の会場で、当時の総理も出席されたとニュースに取り上げられた、銀座ひらやまでした。
今となっては、懐かしい話題です。

2021年間アクセスランキング

第1位

第1位 Gucci Osteria da Massimo Bottura Tokyo

グッチのイタリアンレストランがこの秋にオープンしました。
私の記事では、正式オープン前のプレオープン時の記事となり、その後に、イタリアからメインシェフを招いて料理も一新されています。私も機会あるときに、メインシェフによる料理をいただきに伺いたく思っております。
記事へ⇒『銀座 GUCCI OSTERIA DA MASSIMO BOTTURA TOKYO ランチコースL’ITALIA DA TOKYO

第2位

第2位 パーラービネフル

2019年のオープン以来、銀座のかき氷とパンケーキとして、あっという間に人気店となりました。
そして、今や、銀座のかき氷を語るには、欠かせないお店となりました。
記事へ⇒『銀座 PARLOR VINEFRU(パーラービネフル)

第3位

第3位 空也

どんなときでも、銀座の和菓子は、空也で決まりです。
定番の最中だけでなく、生菓子もおすすめです。
記事へ⇒『銀座 空也 もなか、空也餅、生菓子

第4位

第4位 果実園リーベル

12月に入って、圧倒的なアクセス数を誇ったのが、日比谷シャンテにオープンした果実園リーベル。
このサイトの読者さんは、フルーツパーラー好きなかたが多いようです。
記事へ⇒『有楽町 果実園リーベル@シャンテ フレンチトースト

第5位

第5位 クニャーネの店

オープンがまだ記憶に新しいお店がランクイン。
有楽町駅の真ん前に突然行列ができたので、なんだろうかと覗きこむかた続出中。だいぶ列は短くなりましたが、人気はしばらく続きそうです。
記事へ⇒『有楽町 クニャーネの店 クニャーネ、チョコクニャーネ

第6位

第6位 HIGASHIYA GINZA

落ち着いてお茶するには、ちょうど良い和カフェの雄がHIGASHIYA GINZA。
今年は、テイクアウト用のお弁当にも力を入れており、海苔弁のフタを開けたときのビックリは、今でも思い出されます。
記事へ⇒『銀座 HIGASHIYA GINZA 海苔弁 | かき氷 抹茶金時

第7位

第7位 平戸からありがとう

昨年、東京交通会館地下にオープンした、長崎は平戸からの出店してきた飲食店。
夕方の情報番組でも紹介され、一躍有名となりました。丼にハンバーグをどーんとのせた平戸バーグ丼がインパクトあります。
記事へ⇒『有楽町 平戸からありがとう@交通会館 平戸バーグ丼

第8位

第8位 くろぎ茶々

あの予約がとれない日本料理のくろぎが、GINZA SIX地下にも和カフェを出しています。
特に、一年中食べられるかき氷がとてもおいしく、たまに出現する期間限定のものが出ると、逃さず伺おうと追いかけています。
記事へ⇒『銀座 くろぎ茶々 かき氷 カモミール和紅茶 | 白練かき氷(和紅茶)

第9位

第9位 薪焼おのでら

昨年の訪問したお店の中で、私が一番美味しかったと思っているお店が、こちらのステーキ店です。
薪焼きで、じんわりと火入れをしていくのですが、店主さんの技術には脱帽です。
記事へ⇒『銀座 薪焼おのでら ランチコース

第10位

第10位 香家

銀座ファイブにオープンした担々麺のお店。
いろいろな種類の担々麺と点心を、リーズナブルなお値段でいただけるのが魅力のお店です。
記事へ⇒『銀座 極上担々麺 香家@銀座ファイブ ハーフ&ハーフセット

最後に

冒頭の画像は、銀座三越前のライオン像のマスク姿ですが、昨年も、マスク、マスクのいち年でした。
特に、前半は、長期間、緊急事態宣言があり、飲食店にも辛い状況で、休業からそのまま閉じてしまうお店も多い一年でした。
まだしばらくは、コロナ禍の状況が相変わらず続きそうな気配ですが、そんな中でも、がんばっている飲食店を中心に訪問して、情報発信を続けていければと思っています。
今年一年、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。