有楽町 ガルガンチュワ@帝国ホテル
■1/11(火) ランチ
■フレーズ 815円、クロワッサン 387円、コーヒーM 458円
昨年年末に、帝国ホテルのホテルショップのガルガンチュワが、帝国ホテルプラザへ移っていましたので、下見がてら伺ってきました。
下見と言いつつも、イートインスペースを見つけてしまったので、ついランチにしてしまいました。



外観

まずびっくりしたのが、だいぶエリアが拡大されて、部屋も3つに分かれて配置していること。
パティスリー、ベーカリーとお惣菜のエピスリー、クッキーなどの贈答品を扱うカドーという3つの部屋になります。
今回は、ベーカリーとお惣菜の部屋へ伺います。
ガルガンチュワ 外観

売り場

ショウケースの中には、種類は少ないもののパンが並べられています。
まるでジュエリー売り場のようです。
ガルガンチュワ 売り場
お惣菜も売っています。
ガルガンチュワ 売り場
前回購入したセルン(下の記事をご覧下さい)などの食パン類は、入口すぐ前に販売しています。あれだけ購入が難しかったセルンも、普通に売ってましたので、今は予約などせずに購入できるようになったようです。

パン

購入したのは、クロワッサンと、クロワッサン生地に真ん中にいちごを敷き詰めたフレーズ。
ホットコーヒーも販売しています。コーヒーのMサイズは、コンビニコーヒーのLサイズくらい大きいです。
ガルガンチュワ クロワッサン

店内

多くは、テイクアウトしていかれますが、部屋の奥には簡易なイートインスペースが設けられていて、こちらで食事することもできます。
消費税の違いから、レジにて、テイクアウトかイートインかを告げる必要がありました。
ガルガンチュワ イートインスペース

最後に

レジを済ませている間でよく確認はとれてませんが、クロワッサンが微妙に温かくなっていたので、軽くトーストしてくれたのかもしれません。
クロワッサンは、バターの風味、そして、サクサク感がよく、さすが高い品質のものを出しておられると思いました。その分、他のベーカリーよりはだいぶお値段高めになってしまいますが。

店舗情報

店名ガルガンチュワ 帝国ホテル
住所
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルプラザ 1F

場所: Go to Google map
TEL03-3539-8086
営業時間

[月~日] 8:00~20:00
休みなし

ホームページ

———
有楽町 ガルガンチュワ@帝国ホテル
■2022/5/20(木) Takeout
■食パンCerneセルン 3,000円
今日は、帝国ホテルのホテルショップ。ガルガンチュワへ。



外観

帝国ホテルガルガンチュワ 外観

売り場

今日のお目当ては、売り場真ん中あたりに展示されているパン売り場の中から、
帝国ホテルガルガンチュワ 売り場
個数限定の品物、食パンCerneセルンです。
毎日14:30の焼き上がりで、予約で売り切れのときも多く、なかなかの品薄商品です。
帝国ホテルガルガンチュワ 食パンCerneセルン

食パン

実は、3度目の正直で、やっと購入できました。
高級そうな化粧箱に入れられてお持ち帰りいたします。
帝国ホテルガルガンチュワ 食パンCerneセルン
開けると、帝国ホテルの焼き印が。
そして、バターの香りが漂います。こう見ると、木材のようにも見えてしまいますが、食パンです。
帝国ホテルガルガンチュワ 食パンCerneセルン
切ってみるとわかりますが、パン生地がしっかりめで、密度濃い感じです。
帝国ホテルガルガンチュワ 食パンCerneセルン
比較のため、焼かずにそのままと、トーストしていただきます。
焼かずに食べると、よくわかるのが、とても甘いです。この甘さ、はちみつをたっぷり使用しているとか。
帝国ホテルガルガンチュワ 食パンCerneセルン

最後に

私が購入した最高額の食パンです。帝国ホテルが素材や製法において贅を尽くした食パンですので、おいしいに決まってます。
ここは、好みがわかれるところかもしれませんが、バターの風味と甘さがやはり別格です。ふわふわ感というよりも、しっかりめの生地で、パンの耳部分はクロワッサンのようにサクサク感があります。
三千円に見合うかどうかは、ひとそれぞれですが、間違いなくおいしい部類の食パンです。賞味期限は購入日から2日後です。
なお、購入は、行ける日時を決められるのなら、事前に電話で予約して取り置きしてもらうのが確実です。