銀座5丁目 SALON GINZA SABOU
■5/13(金) Takeout
■照りたま鶏そぼろ弁当 1,000円
一日雨の日でしたので、地下通路で移動できる、東急プラザ銀座のSALON GINZA SABOUでお弁当を購入。



お店入口

ginza sabou salon 入口

売り場

従来からあった3種類のお弁当から、最近ひとつ種類が増えて4つになりました。
salon ginza sabou お弁当

弁当

購入したのは、その追加となった照りたま鶏そぼろ弁当、千円。
salon ginza sabou お弁当
salon ginza sabou お弁当
鶏そぼろ、たまご、鶏の照り焼きの3つの並びがきれいで、こういうのだと箸がすすみます。
salon ginza sabou お弁当

最後に

ここの千円弁当は、予約もいらず、購入しやすいお値段なので、普段使いのお弁当に重宝してます。

店舗情報

店名SALON GINZA SABOU
住所
東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 B2F

場所: Go to Google map
TEL03-6264-5320
営業時間

[月~日] 7:30~11:00、11:00~16:00、16:00~22:00
休みなし

ホームページ

——-
銀座5丁目 SALON GINZA SABOU
■2020/11/24(火) Takeout
■銀鮭海苔弁 1,000円
今日は、東急プラザ銀座の地下入口のSALON GINZA SABOU。



お店入口

GINZA SABOU 外観

売り場

完全にランチタイムを逃してしまい、昼というよりはすでに夕方。なので、今日はお弁当を購入。
お弁当は、海苔弁が3種類に、唐揚げつきのおにぎり弁当。
GINZA SABOU 売り場

弁当

お持ち帰りしたのは、銀鮭海苔弁。
お弁当は、竹皮ふうのしっかりとした容器の箱に詰められてます。安心感があってよろしいです。
GINZA SABOU 銀鮭海苔弁
箱を開けると、シャケ弁当。
GINZA SABOU 銀鮭海苔弁
大きくて、しっとりした秋鮭は、食べ応えあってなかなか良いと思います。後のおかずは、まぁまぁ普通ですが、種類が少ないのが残念。
GINZA SABOU 銀鮭海苔弁
海苔の下には、おかかが敷き詰められてます。
GINZA SABOU 銀鮭海苔弁

最後に

海苔弁というと、GINZA SIXの山登りと比較しないわけにはいきませんが、海苔については、断然、GINZA SIX山登りの方がおいしいです。鮭については、こちらのSABOUのほうがしっとりしておいしかったかなと思いますので、引き分けといった感じでしょうか。

——-
銀座5丁目 SALON GINZA SABOU
■2018/11/25(日) カフェ
■生どら焼き-栗-(お茶つき) 1,512円
東急プラザ銀座の、メトロ地下道から入ってすぐのカフェ。
今日は、SALON GINZA SABOUでひと休み。



お店入口

salon sabou 入口

スイーツ

季節ごとに変わるスイーツメニューが楽しみなカフェですが、今年の秋は、どら焼きと栗を組み合わせたこちらのスイーツ。
salon ginza sabou 生どらやき栗
どら焼きには、餡子、メレンゲ、栗と栗のペーストがこんもりと。
これだけでは、甘さ100%のため、ついているベリーソースを加えながらいただきます。
salon ginza sabou 生どらやき栗
どらやきがあるため、やっぱりお茶はつけたいところです。
ちなみに、お値段は単品なら1000円(税抜き)、お茶付き1400円(税抜き)。
salon ginza sabou お茶

最後に

季節は、秋も深まり、栗のスイーツも終盤戦。最後になって、食べ応えのある栗スイーツに出会えました。
少し重たい感じですが、ベリーソースの酸味を加えながら食べると、おいしくいただけました。

——-
銀座5丁目 SALON GINZA SABOU
■2018/8/26(日) カフェ
■茶房かき氷 翠-みどり- 1,188円
今日も暑い一日でした。そんな日には、かき氷。
東急プラザ銀座、地下鉄メトロの地下道から入るとすぐのカフェ、SALON GINZA SABOUでかき氷。




昨年のかき氷は、インパクトある氷の柱でしたが(下の記事をご覧ください)、今年は、いたって普通のに変わりました。
salon sabou 茶房のかき氷
「翠(みどり)」という名前通りの、きれいな緑のかき氷です。
抹茶を凍らせた氷を削った抹茶のかき氷。
salon sabou かき氷翠
食べ進めると、底の方には、抹茶のアイスが出てきました。
salon sabou かき氷 みどり
昨年の氷の柱は、見た目インパクトがありましたが、少々食べにくさもありました。
それを踏まえての変更なのか、確かにこちらの方が食べやすいと思います。

——-
銀座5丁目 SALON GINZA SABOU
■2017/7/22(土) カフェ
■茶房かき氷 翠-みどり- 1,404円
猛暑日まっただ中。
今日も冷たいものを求めてさまよい、たどり着いたのは、東急プラザ銀座の地下。サロン・ギンザ・サボウさん。




GINZA SABOU SALON 外観
入口の大きいポスターが目にとまりました。
そう、茶房のかき氷、翠-みどり-。
SALON GINZA SABOU 翠
もはや、かき氷というよりは、氷の柱のオブジェです。
SALON GINZA SABOU かき氷横から
緑の抹茶のソースと白の練乳をそれぞれかけながら頂きます。
SALON GINZA SABOU 翠に抹茶ソースと練乳を
ただ、この氷のオブジェ、ガッチガチに、凍ってます。
なので、ちょっとずつ削りながら、頂くことに。
SALON GINZA SABOU かき氷の上部
食べ進めると、氷の中のほうは、少し柔らかなミルキィな層が出てきました。
SALON GINZA SABOU かき氷の中
見た目のインパクトはバツグンのかき氷。
氷を削るのに少し疲れましたが、その分、食べ終わったときの達成感がありますね。

ちなみに、個数限定のため、注文数の多い暑い日には、夕方頃には売り切れるそうです。入店時に在庫があるか要チェックです。(先日の夕方、売切れてましたので)

——-
銀座5丁目 SALON GINZA SABOU
■2016/4/5(火) ランチ
■まげわっぱ弁当 1,296円
地下鉄メトロの地下から、東急銀座プラザに入ると、すぐ目の前にあるのが、フードカルチャーを提案する雑貨店SALON adm et ropeがあります。
お店の奥に進んでいくと、和食店SALON GINZA SABOU。




SALON GINZA SABOU 外観
ランチメニューは、ごはんが主役の膳を提供してくれます。
こちらのお米は、コシヒカリの品種のひとつ、雪ほかた米を使っているそうです。こだわりを感じます。
SALON GINZA SABOU メニュー
注文したのは、まげわっぱ弁当。
椀と甘味つき。
SALON GINZA SABOU まげわっぱ弁当
炊き込みご飯の中の具として、鶏肉かあさりが選べます。
少しだけおこげもある炊き込みご飯は、なかなかの美味。
SALON GINZA SABOU 炊き込みごはん
ランチには、こだわりの、かりがり茶や烏龍茶を頂けます。
SALON GINZA SABOU かりがり茶
こだわりとていねいさを感じるお店です。
上品な炊き込みごはんでした。