銀座4丁目 ラデュレ@三越
■4/3(金) カフェ
■フレーズ・ラデュレ・ブランシュ 1,080円、テ・アールグレイ 1,140円
今週土日も、軒並み休業宣言を出しているお店が多く、なんと先週は開いていた銀座三越までもお休みだとか。
それは週末の予定がくるい弱ったなぁと思い、仕方ないので予定変更で、本日前倒しで伺った先は、2階のラデュレ。



ネット予約

お店入口

ラデュレ 入口

スイーツ

そこまでしていただきたかったお目当てスイーツは、こちらの白いちご。
フレーズ・ラデュレ・ブランシュ。
ラディレ フレーズ・ラデュレ・ブランシュ
もともとの赤いちごのフレーズ・ラデュレは、人気で定番のいちごケーキですが、その白いちごバージョンがこちらの限定ケーキ。
うしろ姿もキュートです。
ラデュレ フレーズ・ラデュレ
中は、赤いのとだいたいいっしょで、いちごのイチゴのコンフィと少しココナッツ風味のクリームをはさんであります。
外側は、白のホワイトチョコレートでコーティングして、白いちごを形どっています。
ラデュレ 白いちご
甘いケーキに、アールグレイ。
ラデュレ アールグレイ

最後に

この白いちごは、期間限定で4月末まで。どうにも虜になってしまったのならお早めに。
店内はちょっと、というかたも、もちろんTakeoutも可能です。

ネット予約

店舗情報

店名Laduree Salon de the
住所
東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越2F

場所: Go to Google map
TEL03-3563-2120
営業時間

[月~日] 10:00~22:00(食事 L.O.21:00、ドリンク L.O.21:30)
休みなし(銀座三越に準ずる)

ホームページ

————
銀座4丁目 ラデュレ@三越
■2020/1/25(土) カフェ
■ル・パルフェ・エレガンス・フレーズ・ヴァニーユ 2,420円
銀座三越2階。
ラデュレも、ただいま、いちご祭りです。



ネット予約

メニュー

いちごを形どったフレーズ ラデュレ(ずっと下の記事をご覧ください)も捨てがたいですが、今日はパフェから。
パフェは、ただいま2種類用意されていて、いちごのパフェは、名称長過ぎの「ル・パルフェ・エレガンス・フレーズ・ヴァニーユ」の方です。
ラデュレ メニュー

スイーツ

注文は、「季節のいちごのパフェでお願いします」と言えば、出てきます。
ラデュレ ルパルフェ
ほんのりピンク色で、いちごの香りが心地よく、ラデュレらしい高貴ないちごのパフェです。
ラデュレ ルパルフェ
そう言えば、以前は、夜限定でしたが、現在は、真昼間から注文可能です。
シメパフェが流行っているとは言え、個人的には、夜に甘いものを食べるのは避けたいので、昼間の提供は歓迎です。
ラデュレ ルパルフェ

最後に

お店のメニューには載ってませんでしたが、ネット予約では、「いちご尽くしのAfternoon Tea」というのもあるようです。一休だと2月末までの期間限定のようです。
やたらと高額ですが、こちらも惹かれます。そう、絶対においしいに決まってます。

一休ラディレ予約

————
銀座4丁目 ラデュレ@三越
■2019/11/4(月) カフェ
■ル・パルフェ・マロン・ポワール 2,420円
三連休の最終日は、銀座三越の2階。
ラデュレのサロンへ。



メニュー

今日のお目当てスイーツは、秋の季節限定のル・パルフェ。マロン・ポワール。
これまで、ル・パルフェは、夜スイーツとして、夜間限定のメニューでしたが、このパフェは、昼間の時間帯でも注文可能です。
ラデュレ メニュー

スイーツ

そして、こちらの大きなグラスが、ル・パルフェ・マロン・ポワールです。
ラデュレ ルパルフェマロンポワール
上部には、マロン風味のクレームシャンティー。
ラデュレ ルパルフェマロンポワール
その下から、バニラアイスと、洋梨が出てきます。
後半は、洋梨ゾーンへと味が変わっていきます。
ラデュレ ルパルフェマロンポワール

最後に

ボリュームがあるスイーツなんですが、とても軽いクリームで、バクバクといけてしまいます。(この調子で食べてしまうと危険です。。。)
ラデュレらしい、秋パフェでした。

————
銀座4丁目 ラデュレ@三越
■2019/2/16(土) カフェ
■ル・パルフェ・イスパハン 2,160円
今日は、銀座三越のラデュレ。イートインできるサロンへと向かいます。
しかも、夕方過ぎの17時頃に訪問です。



お店入口

ラデュレ 入口

メニュー

季節限定のいちごのスイーツなどもありますが、今日のお目当ては、ラデュレの夜パフェ。
でも、渡されたメニューにはありません。
ラデュレ メニュー
仕方ないので、イスパハンの大きいやつ、と注文すると、理解してもらえたようです。

スイーツ

正式名は、ル・パルフェ・イスパハン。
昨年11月に登場した、ラデュレの夜パフェです。
17時以降から注文可能なメニューですが、スイーツを日が暮れてから食べるのは自分のポリシーに反するため、どうしようかと迷いましたが、まぁラデュレですから、こればっかりは仕方ない。
ラデュレ ル・パルフェ・イスパハン
ラデュレのイスパハンと言えば、ピンクのローズの風味のある人気スイーツですが、こちらも、薔薇を主体とした堂々としたパフェになってます。
それにしても、存在感がありすぎです。
ラデュレ ル・パルフェ・イスパハン
クリームたっぷり、そして、薔薇がちらばめられてる雪山のようです。
ラデュレ ル・パルフェ・イスパハン上部
食べ進めると、ピンクのこれまた薔薇風味のアイスクリームと、その下から少し酸味のあるフランボワーズソルベ。
最初から最後まで、薔薇の風味を満喫できるパフェでした。
ラデュレ ル・パルフェ・イスパハン中

最後に

やや味が単調なパフェでしたが、ラデュレですから、いいんです。
とにかく、上品なスイーツを、ボリュームたっぷりと、存分に楽しみたいときには、良いスイーツメニューだろうと思います。
提供時間が、17時以降ですので、入店時間だけはご注意ください。また、私のように掲載されたメニューを渡されないときもあるようですので、そういうときはお店の方に確認してみてください。

話は違いますが、ラデュレも一休で予約できるようになったとは、ちょっとビックリです。

————
銀座4丁目 ラデュレ@三越
■2017/9/16(土) カフェ
■サントノレ・オ・マロン 1,004円、テ・ブレックファスト 1,231円
連休初日の銀座は、銀座三越の2階のティーサロン、ラデュレへ。
午後にもなると、とても込み合うので、午前中がねらい目です。



お店入口

laduree 入口

スイーツ

今日のお目当ては、秋のマロン系ケーキのひとつ、サントノレ・オ・マロン。
laduree サントノレ・オ・マロン
土台は、パイ生地。
上品なマロンクリームでデコレートされた上に、マロンがのっています。
laduree サントノレ・オ・マロン横から
紅茶は、テ・ブレックファスト。
laduree 紅茶

最後に

品格のあるティールームです。
いらしているお客さんも、上品な方が多いので、ゆっくり落ち着けます。

————
銀座4丁目 ラデュレ@三越
■2016/1/24(日) カフェ
■フレーズ ラデュレ 1,123円、テ・メランジェ・スペシャル 1,339円
日曜の今日もいちごのスイーツを求めて。
伺ったのは、銀座三越のラデュレ。




ラデュレ 外観
そして、注文したのは、フレーズ ラデュレ。
ラデュレ フレーズラデュレ
横から見ると、こう。
か、かわい過ぎます、これ。
ラデュレ フレーズ横から
おそるおそる、割ってみます。
正直、ナイフを入れるのを躊躇しました。
中は、イチゴのムース、外側にいちごのチョコでコーティングしている構造です。
ラデュレ フレーズ割ってみる
食べ終わると、ため息つきながら、紅茶を頂きました。
ラデュレ 紅茶
あのいちごのフレーズ ラデュレは、特に季節限定ではないようです。
Takeoutもできるので、ご自宅でゆっくり召し上がることも可能です。

見た目のすばらしさだけではなくて、食べてもおいしいスイーツでした。
これだけは言えます。一見の価値ありです。

————
銀座4丁目 ラデュレ@三越
■2014/10/12(日) カフェ
■モンブラン 929円、テ・シーヌ・ローズ 1,339円
今日もモンブラン。
記憶をたよりに、確かメニューにモンブランがあったはずと、三越のラデュレに訪問です。




ここはいつ来ても混んでますので、午前中か、日が暮れてからしか来たことありません。

そして、ありましたモンブラン。
とにかく上品です。そして、マロンのクリームの味が濃いです。とってもおいしい♪
カップの中は、意外にメレンゲなんですね。
ただ、マロンクリームがぽろぽろこぼれて、食べにくいのです。
ラデュレ モンブラン
紅茶は、テ・シーヌ・ローズ。
ここの紅茶はおいしいです。
ラデュレ 紅茶
上品さ漂う銀座カフェNo.1は、やはりラデュレですね。
ただ混むんですよね。
モンブランは、季節メニューではなくて、通年で食べられると思います。
やはりおいしいです。

————
銀座4丁目 Laduree Salon de the@三越
■2011/1/10(月) ランチ
■パン・ペルデュ・シロ・エラブ 700円、テ・ダージリン 1300円
泣く子もだまるパリの老舗パティスリー「ラデュレ」。
本日、午前中を狙って、朝食だかランチだかわからない時間帯に、三越ラデュレで腹ごしらえです。

AM11時頃ですと、さすがに空いてますねぇ。こうでなくちゃ。
軽食したいということを告げると、お持ち頂いたメニューは、だいたい2000円を超えたくらいのセットメニュー。
下調べしていたから、別に驚きもしませんが、間違えて普通のデパートのカフェと思って入ったら、このお値段に目が点になりますね。
しかも、コーヒー、紅茶の飲み物だけでも、すべて1,300円也。そう安々とお茶しに入るわけにはいきませんね、これは。
さて、今回の目的は、パン・ペルデュ、そうフレンチトースト目当てでしたので、それを注文。
このパン・ペルデュ、お値段700円と、とてもお安く感じてしまうから、不思議なものです。
でもって、パン・ペルデュは、トーストと、クリームと、メイプルシロップが別々に届きます。

お好みでおかけください、と言うことでしたので、ハイ、たっぷりかけさせて頂きました♪
トーストは、パリっと堅いということなく、どちらかと言えばソフトで柔らかパンでした。
ホイップクリームは甘さ控えめで、とってもおいしいです♪ というか、なんだか上品。

フレンチトーストのおよそ倍のお値段の飲み物は、ダージリンティー。

ラデュレから銀座4丁目の交差点を見下ろした絵は、こんな感じです。
なんとも優雅で、ゆっくりした雰囲気は◎です。
お値段は、この雰囲気分も含めたと価格と言えば、まぁ妥当なところかも。