銀座 GINZA JOTAKI
■5/11(金) ランチ
■寿宴コース 30,000円、アイスウーロン茶 700円+サービス料10%
ミシュランガイド福岡の星付き中華店が、銀座に降りてきた。
今日のランチは、佐賀からの完全移転、JOTAKIでランチです。

ネット予約
jotaki プレート
ランチメニューは、ディナーとまったくいっしょ。3万、5万、8万(いずれもサービス料は別途)のコース料理から。
つまり価格帯は、超高級店のそれと同じレベルです。銀座で言えば、知る人ぞ知るFurutaと同じ感じ。
ただ、出てくる料理を眺めてみれば、これもそれも超高級食材を使っているからこそ、とわかります。
今回は、次のお品書きの3万のコースでお願いしました。
jotaki メニュー
前菜は、フランス産キャビアがのった冷製パスタ。
これ中華?と最初から頭の中が「?」でいっぱいになりますが、そうJOTAKIさんは、四川中華がベースですが、いわゆるオリジナルな中華料理。かなり洋風なアレンジが加えられてます。
jotaki パスタ
ここから、フカヒレ料理が登場です。
jotaki ふかひれ
気仙沼産勝鮫の頂湯蒸しスープ。
スープがとってもお出汁が出ていて、おいしいのです。
jotaki スープ
次は、また別のフカヒレです。
こんな大きなの初めて見ました。気仙沼産吉切鮫の最上級フカヒレ姿煮こみ。
jotaki フカヒレ姿煮
次は、アワビ。
78度の低温で、4時間真空調理するのがJOTAKI流。これで、あわびのコリっとした食感を残しつつ、柔らかさを最大限にするんだそう。手間暇かかってます。
肝入りのソースも、またよく合います。
jotaki あわび
次は、伊勢海老の四川スパイス揚げ。
もう中華の枠を超えた、独創的なオリジナル料理です。ピリ辛のソースで、ぷりっとした伊勢海老を頂きます。
jotaki 伊勢海老の四川揚げ
今度は、伊勢海老を別のかたちでと、蒸し物で。
jotaki 蒸し伊勢海老
メインのひとつめは、高級魚のアコウ、クエのさらに高級魚のようですが、その高級魚を贅沢に使った一皿。
白身でプリっとした食感に、ネギのジャキジャキ感のマッチングがまた楽しい料理です。
jotaki アコウアラのお造り
メインの二皿目は、松阪牛のロッシーニ。
イタリア産黒トリュフを、これでもか、というくらいに、かけて頂きます。
調理は、中国料理式に行ってますが、これこそ、フレンチと中華の融合です。
jotaki 松阪牛のロッシーニ
そして、ここからお食事。
ひとつめが、これがおいしかったのです。おこげに、タケノコのあんかけのせ。
熱々のおこげにのせたときの、ジュジュジュっとした音をお届けしたいくらいです。あの音がまた食欲をかきたてます。
jotaki おこげ
ふたつめが、ようやく四川っぽくなってきました。
陳麻婆豆腐。ビリビリっとした辛さが、本場な感じです。
jyotaro 麻婆豆腐
ちなみに、調理は、こんな感じで、ガラスの向こう側で、上瀧シェフが調理している様子を見させてくれる演出つき。ライブ感満載です。
jotaki 上瀧シェフ
ここからエンディングへ。
デザートは、紅白の燕の巣のシロップと、杏仁豆腐、クレームブリュレの3皿。
jyotaro デザート
小菓子と中国茶。
jyotaro 小菓子
カウンターだけの落ち着いた店内。

ヌーベルシノワという新しいタイプの中国料理を謳うお店が増えてきましたが、さらにそれを進化させたかたちが、このJOTAKIだろうと思います。
高額なランチには、なりますが、それだけの価値ありです。
かなり人数しぼって予約を受け付けているようですが、そのうちに予約がとれなくなること必至。美食家であるならば、今のうちにいくべきお店だろうと思います。忖度なしに、おすすめします。

ネット予約

店名GINZA JOTAKI
住所
東京都中央区銀座6-5-13 銀座美術館ビル 3F

場所: Go to Google map
TEL03-3569-0780
営業時間[月~土] 12:00~13:00(L.O.)、18:00~21:00(完全予約制)
日祝休み

ホームページ