銀座2丁目 一二岐
■9/21(火) ランチ
■鰹のわら焼き 1,500円
出会いというのは不思議なもので、突然やってくるものです。先日、いつものように2丁目近辺を徘徊していたところ、その帰り道にたまたま見つけたお店。次、ここに来ようっと、メモしておいたお店がここ一二岐。「一二岐」と書いて、「いぶき」と読みます。



ネット予約
一二岐 入口
場所は、KAIRADA(ここもすばらしいフレンチレストランです)の下B1F。
御主人に伺ったところ、8/30にオープンしたばかりということで、入口にはまだオープンしたとき届いた花が飾られてます。ブラッドピットからの花もあって、しかも「ブラドッピットより」とカナカナで書いてあるところが、妙におかしかったりします。(別にどうでもよいところに、ウケてしまった)
一二岐 入口
さて、今回いつもの通りランチ訪問ですが、店前のメニューはこんな感じ。ランチが1,000円からというのが、とってもありがたい。最初に書いておきますが、1,000円以上の価値は十分ありです。
一二岐 メニュー
お店のイチオシは、鰹のわら焼きということでしたので、こちらを注文しました。
まずは、先付の揚げ豆腐。
ふわふわ、そして外は揚げが、少しカリっとしていて、なかなかの美味。
今日は、カウンターに座って、目の前で調理している様を見させて頂いたため、この時点で、「ムムム、ここはできる。というよりは、私なんぞがおじゃまして、恐れ多いのかも」という予感。
一二岐 揚げ豆腐
続いて、お野菜の煮物。京都の有名料亭で頂くような、丁寧な品です。
一二岐 野菜煮物
そして、鰹のわら焼き。
一二岐 鰹のわら焼き
ここで、完全にやられました。まず、メインの鰹は、十分吟味された高知産のかつお。信頼できるところからの食材を使うというのはよくありますが、さらにすごいのが、これをひとつひとつ手作業で、ワラで炙ってるんです。ワラであぶることで、独特の香りがつくわけですが、このワラにもこだわりがあって、こちらも高知からわざわざ取り寄せてるとか。良い香りをつけるには、十分に乾燥させた良いワラでないとダメなんだそうです。
一二岐 鰹のわら焼き
ちなみに、ごはんは、茨木産あきたこまちの新米。こちらは、おかわりできるんですが、とにかくおいしく炊きあがってました。
これで、終わりかと思いきや、さらに甘味つき。
一二岐 デザート
この一品一品のこだわりや手のかけようは、正直1,000円台の食事内容じゃないです。
だからと言って値上げなんてしてもらいたくありませんが、とにかく感動ものです。
できれば、ていねいに調理されている様子がわかるカウンターで召し上がることをお勧めします。
感動の星5つです。

ネット予約

店舗情報

店名一二岐
住所
東京都中央区銀座2-14-6 第2松岡ビルB1F

場所: Go to Google map
TEL03-6278-8110
営業時間[月~土] 11:30~14:00、17:30~22:00(L.O)
日曜休み(月祝の場合は日曜営業で月曜休み)

ホームページ