銀座6丁目 旬菜三山
■5/23(火) ランチ
■季節の点心膳 3,900円
今日のランチは、GINZA SIXのデパ地下ランチ。
京風の弁当を販売されている旬菜三山の、イートインスペースでランチを頂きました。
なお、この三山は、松屋銀座などにも入っているお惣菜店のゑびすDaikokuと同じ系列店です。



外観

旬菜三山 外観

メニュー

イートインできるメニューは、この季節の点心膳となります。
旬菜三山 メニュー

料理

先付の梅しその小豆。
旬菜三山 先付け
前菜のトマトのゼリー寄せ。
さっぱりとした初夏な味わいです。
旬菜三山 前菜
汁椀は、白味噌で。
揚げ粟麩となめこが入っています。
旬菜三山 汁椀
主菜は、つづみ状の弁当になってます。
彩りも鮮やかで、焼物、煮物、いろいろありますが、おいしかったのが、右手のウニ入りの湯葉豆腐。
旬菜三山 主菜
お食事は、釜炊きのご飯。
おこげもつけてもらいました。
旬菜三山 おこげごはん
食後の甘味は、柑橘系のゼリー。
旬菜三山 甘味

店内

イートインスペースは、通路と暖簾で区切ったカウンター席。

最後に

京懐石のミニコースな内容ですが、悪くもなく無難な内容ですが、どうも釈然としません。それが、内容がお値段とつり合わないからか、お惣菜のゑびすDaikokuとのギャップに違和感を覚えるのか、なにか腑に落ちないところがあります。
こちらで販売しているお弁当も、3千円前後のものが多く、慶事のときに頂くようなお弁当ばかりで、どうも自宅用に買って帰ろうという気になれませんでした。あれだけのお客さんの流れですから、思い切ってゑびすDaikokuのお弁当やお惣菜を売り出せば、バンバン売れるように思えてなりません。

そういえば、GINZA SIXの中には、和の懐石料理を食べられるのが唯一このお店だけ。
寿司、てんぷらはあれど、純粋な日本料理店がないのが寂しいところです。

店舗情報

店名旬菜三山
住所
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B2F

場所: Go to Google map
TEL03-6264-5538
営業時間

[月~日] 10:30~20:30
休みなし

ホームページ