2016秋に閉店しました。
——
銀座1丁目 ル・シャボテ
■8/12(水) ランチ
■Aランチ 1,000円
銀座1丁目の昭和通り沿い。目立たないので、通り過ぎてしまって、気づかない人も多いかもしれません。
お店の名前は、「ル・シャボテ(Le Chat Botte)」というフレンチレストラン。フランス語で「長靴をはいた猫」だそうな。
フランスの国旗くらい立てておけば目立つのに。。。



ル・シャボテ お店外観

さすがに、今日はお盆前ということもあって、銀座の街中は若干サラリーマン、OLさんは少ない感じ。
そういうこともあって、12時前に到着したときには、他のお客さんもおらず、いつもはなかなかできませんが、店内写真撮り放題でした。

ル・シャボテ 店内

しかも、訪問したときには、ひげのシェフ自らのお出迎えで焦りました。(少ししてから、奥様とおぼしき方がご給仕されてました)
さて、今日のメニューはこんな感じ。築地のとりたての食材を使っていて、なので魚もお肉も産地がちゃんと書いてあるんです。

ル・シャボテ メニュー

メニューの中から、Aランチ「三陸産スズキのムニエル、パスタ添え」を注文させて頂きました。

ル・シャボテ スズキのムニエル

スズキをひっくり返して、身はたっぷりついていてプリプリしてます。
中には、パスタと、ジャガイモ、カブ、ニンジンなどの野菜が添えられてました。

ル・シャボテ スズキのムニエル

パンがつきます。オリーブオイルをたっぷりつけて頂きました。

ル・シャボテ パン

最後に、飲み物つきです。コーヒーを頂きました。

ル・シャボテ コーヒー

堅苦しいフレンチではなくて、なんとなく家庭的でアットホームな雰囲気の中で食べられるレストランです。
肩の力を抜いて、ゆったりしたいときには良いですね。

店舗情報

店名ル・シャボテ
住所
東京都中央区銀座1-15-8 耀ビル1F
TEL
営業時間[月~土] 11:30~14:30、18:00~22:30
日祝休み

ホームページ