2013.6.28に閉店しました。




—-
銀座6丁目 le 6eme sens d’oenon
■6/28(金) ランチ
■ランチコース 6,000円
le 6eme sens d’oenonは、今日のランチで終了です。

ここ1ヵ月ほどで、ランチ、ディナー、そして今日のランチと伺いましたが、フィナーレが近づくほどに、完成度が高まっていくようでした。
今回は、写真だけあげておきます。

すばらしかった。そして、Monsieur Corby、merci beaucoup!!

le 6eme sens d’oenon
東京都中央区銀座6-2-10
場所は、ここ
[月~土] 12:00~14:00、18:00~21:00
日祝曜休み

———————-
銀座6丁目 le 6eme sens d’oenon
■2013/5/16(木) ランチ
■Bコース 6,000円
これは事件です。
オレンジの建物が印象的な、le 6eme sens d’oenonが、来月6/28のランチでもって閉店します。
その知らせを耳にし、動揺を隠しきれないまま、さっそく訪問です。
なお、今回は、いつものカフェではなく(お得なカフェの、1500円メニューの記事はこちら)、中のレストランです。
レストランは実は初めて。
le 6eme sens d'oenon メニュー
レストランのメニューは、3種類。
・Aコース 前菜 魚料理又は肉料理 デザート 4500円
・Bコース アミューズ・ブーシュ 前菜 スープ 魚料理又は肉料理 デザート 6000円
・Cコース アミューズ・ブーシュ二品 前菜 魚料理 肉料理 デザート 8000円
本日、お願いしたのはBコース。
まずは、アミューズブッシュ。
le 6eme sens d'oenon アミューズ
前菜は、ズッキーニのムースと天使の海老のカクテル クープ仕立て。
緑のズッキーニのムースがさわやかで、◎。
le 6eme sens d'oenon 前菜
3種類のバゲット。
le 6eme sens d'oenon バゲット
バターは、エシレ。
贅沢に、有塩、食塩不使用2種類をご用意してくれます。
le 6eme sens d'oenon バター
スープ代わりに、コンソメゼリー。南瓜とバニアのアイスクリーム添え
これが、どうも今ひとつ。全体的にそれぞれの味を抑えているため、どれも後味が残らず、全体としてパッとしない、ぼやけた味になっている印象です。
le 6eme sens d'oenon コンソメゼリー
メインは、魚料理にしました。
太刀魚のポワレ。
キノコとアワビが、食感が楽しめる一品。これは○くらい。
le 6eme sens d'oenon メイン
デセルは、苺とルバーブのデクリネゾン。
見た目綺麗なデザートです。
le 6eme sens d'oenon デセル
最後に、ハーブティーと小菓子。
le 6eme sens d'oenon ハーブティー
店内、白を基調にした落ちついた雰囲気。
サービスも、以前はミシュランの星をとっていただけあって、ちょうど良い距離感を保ったホスピタリティでのおもてなし。
le 6eme sens d'oenon 店内
実は、今回のランチをブログに書こうかどうか迷いました。
というのも、どうもこちらの料理は、最近特に良い/悪いのばらつきがあるようで、今日もその傾向が感じられました。
本来ならば★4レベルなんですが、今日のお料理については★3.5。
なお、6月のレストランは、日、月が休みで、すべて予約制(カフェは予約なし)。また、ランチ6,000円 ディナー15,000円のみ。

ブログには書かないと思いますが、たぶん最後にコルビー氏の料理を頂きに、もう1度訪問すると思います。それにしても、ここのcloseは残念です。

東京都中央区銀座6-2-10
場所は、ここ
[月~土] 12:00~14:00、18:00~21:00
日祝曜休み