2018.9.25から、2階ティールームは改装のため、休業中。
——–
銀座7丁目 三徳堂
■7/5(水) スイーツ
■マンゴーかき氷(台湾産最高級完熟) 2,000円
お待たせしました。
三徳堂さん、マンゴーかき氷が始まりました。

三徳堂 外観
絵的には変わりがないので、昔の写真を使ってもわからないのですが、一応、正真正銘、今年のマンゴーかき氷です。
三徳堂 マンゴーかき氷
贅沢にマンゴーをつかった三徳堂のマンゴーかき氷は、やっぱりおいしいのでした。

スタート時期のアナウンスが、「6月後半」、「7月から」、「7/5頃から」と変遷して、昨日からのスタートだったようです。

店名三徳堂
住所
東京都中央区銀座7-8-19 喜多ビル1F・2F

場所: Go to Google map
TEL03-5568-6882
営業時間[月~金] 12:00~22:00
[土日祝] 12:00~19:00
休みなし

ホームページ


———
銀座7丁目 三徳堂
■2016/7/10(日) スイーツ
■キウイかき氷 1,200円
暑い日差しが戻ったならば、やっぱりかき氷。
毎年一度は必ず伺うかき氷は、台湾茶屋の三徳堂さん。

三徳堂 外観
マンゴー目当てで訪問される方が多いと思いますが、今年は少し遅れて7月に入ってようやく台湾マンゴーが入荷してくるようになりました。
三徳堂 台湾産マンゴー
で、注文したのは、待たされたマンゴーかき氷ではなくて、キウイかき氷で。
キウイかき氷は、昨年から100円アップしていたのが、少々残念。
三徳堂 キウイかき氷
キウイは見た目がかなり涼しげです。
三徳堂 キウイかき氷アップ
ここの、黒蜜とジャスイン茶の自然な甘さのかき氷は、一度食べると病みつきになります。
三徳堂 キウイかき氷横から
真夏の銀座の風物詩となるか、三徳堂のかき氷。
熱くなった身体が、ようやく涼しくなりました。

———
銀座7丁目 三徳堂
■2015/6/19(金) スイーツ
■マンゴーかき氷(台湾産最高級完熟) 2,000円
お待たせしました。
本日より、三徳堂のマンゴーかき氷がスタートです。

台湾から届いたマンゴーは完熟していて、食べごろ、とか。
台湾マンゴーは9月くらいまで食べられるそうですが、おいしいのは8月頭くらいのまでなので、かき氷も1ヶ月ちょっとの期間限定です。
三徳堂 台湾マンゴー
今年も、去年までのとあまり変わりのない、三徳堂のマンゴーかき氷。
三徳堂 マンゴーかき氷
表参道のマンゴーかき氷店は、長い行列ができてるそうですが、こっちのも負けてません、たぶん。(表参道のは食べてない。)
三徳堂 マンゴーアップ
お値段が、昨年とは微妙に変わっているようなので、最新かき氷メニューです。
三徳堂 メニュー
マンゴーがたっぷりで、マンゴー食べたぞ感が記憶に残るかき氷です。
やっぱりおいし。

———
銀座7丁目 三徳堂
■2014/6/22(日) スイーツ
■シャイティァオ(夏一跳かき氷) 1,380円
季節は梅雨まっさかりですが、三徳堂では、もうかき氷の季節到来です。
そして、この季節しか食べられないマンゴーかき氷も、この週末から始まりました。


マンゴーかき氷を目当てに押しかけるお客さんが多いのですが、私が注文したのは、シャイティァオ(夏一跳かき氷)。
三徳堂 シャイティァオ
バナナやキュウイがのったかき氷です。
三徳堂 シャイティァオ
ほんのり甘い黒蜜がかかった台湾かき氷。本当においしいです。
三徳堂 シャイティァオ
最新のメニュー表を載せておきます。消費税増税で去年から少しお値段あがりました。
三徳堂 メニュー
なんでマンゴーかき氷を頼まなかったって?
それは、個数限定のマンゴーかき氷。ぜひみなさんに食べて欲しいから。
騙されたと思って、銀座まで食べにきてください。少し高いですが、幸せになれること間違いなしですから。
マンゴーかき氷は、昨年食べた下の記事をご覧下さい。

—————-
銀座7丁目 三徳堂
■2013/6/27(木) スイーツ
■マンゴーかき氷(台湾産最高級完熟) 1,800円
暑くなったら、かき氷。
私にとって、銀座のかき氷の定番のお店になりつつある三徳堂です。

毎年充実してくるスイーツメニュー。
三徳堂 メニュー
はっきり言って、ランチよりも高くつきますが、価格以上の満足度があるマンゴーかき氷を注文です。
三徳堂 マンゴーかき氷
贅沢にも、マンゴー1個分、まるごと入ってます。
三徳堂 マンゴーかき氷
しかも、完熟マンゴーがこんなにも、ふわふわの氷に合うなんて。
ここのは、氷もおいしいんですよ。
三徳堂 マンゴーかき氷
温かいプーアル茶が、とてもホッとして、かき氷の口休めにまさにピッタリです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
店内の台湾の雰囲気も、また落ちついていてまったりできますね。
三徳堂 お茶
新メニューのシャイティアオというのも、たぶん試すんだろうな、自分。

————————-
銀座7丁目 三徳堂
■2012/7/16(月) スイーツ
■豆豆氷 1,000円
暑いですねぇ。こう日には、冷たいものをば。
台湾かき氷が食べられる三徳堂で、ちょっと休憩。

元々は、プーアル茶、台湾茶のお店ですが、2,3年前から、こちらのかき氷を始めて、徐徐にメニューが拡充中。

今年は、キュウイかき氷が追加されたようです。

で、注文したのは、豆豆氷。ドードービンと読みます。

豆がいいんです。

自然の豆の甘さなので、食べていて途中で嫌にならず、さくっと食べられちゃいます。

仕上げは、温かいお茶で、ほっと一息。お腹にもやさしいです。

高いけど、マンゴかき氷も食べたいなぁ。
こちらのかき氷は、超おすすめの★4つ。
ちなみに、お店のおばちゃんが1階にいるときは、1階で先に注文してから2階にあがるのが、効率がよいです。

————————-
銀座7丁目 三徳堂
■2009/6/10(水) 喫茶
■プーアル茶 1,050円
華やかな銀座と、もうひとつは老舗であったり、落ち着いた雰囲気の銀座。今回の三徳堂さんも、何ともキラキラした今時の銀座とは似合わない、落ち着いたお店です。
漢方薬でも売っていそうな店先で、新聞記事の「プーアル茶」の切り抜きが掲示されていて、以前よりずっと気になってたのですが、今回初めての訪問です。
プーアル茶だけでなく、中国茶全般を扱っているようで、お店で茶葉も購入できますが、1F,2Fで喫茶もできます。とくに2Fは本当にゆっくりできますね。2Fからすずらん通りを見降ろすと、情緒さえ感じでしまいました。
プーアル茶も、7、8種類くらいあって、いろいろと解説してもらいながら、自分にあったものを選べます。
今回は初めてでしたので、「普通ので、黒いやつ」(笑)ということでいれて頂きました。
他にも、まろやかなものや、本場の方に言わせると、カビっぽい味のがいいんだそうで。奥が深い。。、

三徳堂 プーアル茶

頂くと、これ本当においしい♪ ちょっとハマってしまいそうです。
ポットにお湯を頂き、だいたい5膳くらいはでるそうです。時間さえあれば、ずっと居られそう。
これは喫茶初の4星ですね。