銀座4丁目 カフェ ノワゼット
■4/14(土) カフェ
■苺のミルフィーユ 970円、プラスドリンク 320円
2月にリニューアルした銀座三越のフレンチビストロのノワゼット。
今度のリニューアルのポイントのひとつが、ランチ後のカフェタイムも空いていることです。

ネット予約
noisette 外観
カフェタイムのメニューは、ランチのデザートメニューと同じものが食べられます。
カフェノワゼット メニュー
注文したのは、苺のミルフィーユ。
さくさくのパイ生地に、ホイップクリームとカスタードクリーム、いちごをはさんだケーキ。そして、アイスクリームが添えてあります。
カフェノワゼット 苺のミルフィーユ
紅茶をつけました。
カフェノワゼット 紅茶
カフェ利用できることがあまり知られていないため、すぐに席を確保できる穴場カフェになっています。
ランチ利用も良いですが(下の記事をご覧ください)、カフェ利用もゆっくりできて良いと思います。

ネット予約

店名Café Noisette
住所
東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 12F

場所: Go to Google map
TEL03-6228-6913
営業時間[月~日] 11:00~15:00、Cafe:14:00~17:00、17:00~22:00
[土日祝] 11:00~17:00、Cafe:14:00~17:00、17:00~22:00
休みなし(銀座三越に準ずる)

ホームページ


——
銀座4丁目 カフェ ノワゼット
■2018/2/24(土) ランチ
■牛バベットのグリル 2,050円
今日のランチは、銀座三越のノワゼット。
昨日、店名変えてリニューアルオープンしました。

フレンチのお店であることには変わりはありませんが、今度のメニューは、手軽にフレンス料理が楽しめるようにと、一品料理での注文がしやすいようなメニューになっています。
ノワゼット メニュー
しっかりと食べたい方向けには、コース料理も用意されてます。
ノワゼット コースメニュー
注文したのは、一皿メニューから、牛バベットのグリル。
一皿メニューを選んでも、サラダとパンがついてきます。
ノワゼット サラダ
ノワゼット パン
そして、メイン料理の牛バベットのグリル。
つけあわせは、じゃがいものエクラゼ。
ノワゼット 肉料理
赤身のステーキは、肉のうまみがたっぷりのおいしい牛肉です。
さすがおいしい。
ノワゼット 牛バベットのグリル
店内は、以前のときはあまり変わらず。カジュアルダイニングな感じ。

今度のお店は、手軽に、ささっと食べられるフランス料理が狙い。コース料理でもいいですが、1時間もかけずにクイックランチのような使い方ができる使い勝手のよさだろうと思います。
手軽と言っても、料理は良質なものを出してくれますので、そこそこ満足できる内容だろうと思います。
カフェタイムも営業しているようですので、今度はデザート狙いでカフェも体験しようと思います。

なお、前店舗の流れをくむ、Le Beurre Noisette Tokyoというフレンチ店が、今年の後半に丸の内でオープンするそうです。こちらも、また楽しみです。

——
銀座4丁目 Neo Bistro Le Beurre Noisette TOKYO@三越
■2012/5/29(火) ランチ
■ランチコース(オードブル+メイン) 2,800円
ひさびさに、三越ランチ。
12F フレンチ ビストロのNeo Bistro Le Beurre Noisette TOKYOでランチです。

平日のランチコースは、
・オードブル+メイン 2,800円
・メイン+デザート 2,800円
・オードブル+メイン+デザート 3,500円


本日は、オードブルとメインのコースで。
まずは、オードブル。
ビーツとスモークサーモンのレムラード。
きれいです。サーモンの上の、さわやかなピンクのソースがなかなかよく合います。
これおすすめです!!

パンです。オリーブオイルで頂きます。

メインは、パイナップルポークのグリエ 季節の野菜添え。
お肉柔らか。ソースは甘め。なかなか美味。

食後に飲み物と小菓子つき。
カモミール。

平日ランチタイムは、空いていて、のんびりできます。

まあまあです。お値段なりの満足度です。★3.5。