銀座1丁目 オザミ・デ・ヴァン本店
■5/19(火) Takeout
■フランス料理フルコース膳 1,000円
オザミのお弁当がスゴいらしい。そういう情報をいただき、伺った先は、オザミ・デ・ヴァンなどが入る一丁目のオザミビル前へ。
この教えていただいたお弁当、このオザミビルの他、東銀座のパリのワイン食堂、丸の内のブラッスリーオザミにて、11:30から発売中だとか。



外観

オザミデヴァン 外観

メニュー

販売しているお弁当は1種類。
その名も、「フランス料理フルコース膳」。千円也。
オザミデヴァン フランス料理フルコース膳

お弁当

そして、こちらが、フランス料理フルコース膳です。
フランス料理フルコース膳
食べるときには、注意が必要で、左エリアは温めずにそのまま食べる。それ以外は、600Wレンジで常温保管なら1分10秒でチンするのが最高なのだとか。
面倒ですが、そのこだわりようがたまりません。

では、まずは、前菜の冷製のままいただく、左エリアから。
豚のリエット、キャロットロペ、白いのはタマゴです。
フランス料理フルコース膳
温めたほうの前菜は、豆のマリネ、魚料理の真鯛とホタテのクネル。
オザミデヴァン フランス料理フルコース膳
そして、メイン料理は、黒トリュフとフォワグラ、特選牛のハンバーグロッシーニ仕立て。千円弁当にしては豪華です。
オザミデヴァン フランス料理フルコース膳
そして、中央のごはんエリアには、鶏ムネ肉とモモ肉のフリカッセとバターライス。
ホワイトソースがかけられてますが、トマトソースの2種類が用意されています。
オザミデヴァン フランス料理フルコース膳
フルコースなら忘れちゃいけない、デザートもついてるんです。
ガトーショコラ。
オザミデヴァン フランス料理フルコース膳

最後に

オザミらしい、最強クラスのフレンチお弁当でした。

そういえば、東日本大震災直後には、ありえないほどにコスパが良い千円ランチを出していたのを思い出しました(ずっと下の方に記事あります)。
多くのひとたちが追い詰めれた状況になると、なにかしなくちゃ、という気持ちを形にしてくれるのがオザミ。想いがこめられています。
最高のお弁当、ありがとうございました。

なお、お弁当は、各販売している店舗で予約も可能です。瞬く間に売れてしまうので、電話一本入れておいた方が無難です。

お得プラン

店舗情報

店名オザミ・デ・ヴァン本店
住所
東京都中央区銀座1-4-9 銀座オザミビル 4F, 5F

場所: Go to Google map
TEL03-3567-4120
営業時間

[月~金] 11:20~14:00、17:30~24:00
[土日祝] 11:20~15:00、17:00~23:00
休みなし

ホームページ

—–
銀座1丁目 オザミ・デ・ヴァン本店
■2016/8/19(金) ランチ
■平日ランチ 1,296円
8/4より移転したオザミ・デ・ヴァン本店。
移転先は、オザミのお店がはいるオザミビルの4F/5F。
あらかじめ1Fで本店に行きたいことを告げて、席が空いているフロアを指示してもらってから脇のエレベータにのって昇っていきます。
だいたい4階を指示されるようです。



お得プラン
オザミデヴァン 外観
ランチメニューは、コースのメニューと、平日限定メニューのリーズナブルな1100円(税抜き)ランチ。
オザミデヴァン メニュー
平日限定メニューは、メインをお肉かお魚かのどちらかを選ぶ1100円(税抜き)と、両方ついた1200円(税抜き)ランチを選べ、両方ついた方で注文しました。

最初に前菜。
サーモンマリネと、サラダ、シュー、そして、生ハムと冷製のカボチャのスープ。
やっぱり、このオードブルが、リーズナブルランチにしてお得感があります。
オザミデヴァン 前菜
パンがつきます。
オザミデヴァン パン
メインは、魚が、たらのポワレのトマトソース。お肉が吉田豚の肩ロース。つけあわせが、ポテトのピューレ。
オザミデヴァンたらのポワレと豚肩ロース
プチデザートとコーヒーつき。
オザミデヴァン デザート
オザミデヴァン コーヒー
今日の1200円ランチは、よく考えると、1F/2Fのプティオザミと、だいたい同じような内容。なので、1100円で済ませるのでなければ、あえて4Fまで上がる必要はないかもしれません。
そして、コース料理を注文すると、きっと8Fのレストランオザミに近くなるんだと思います。

ところで、リーズナブルな平日限定ランチですが、昔の千円ランチから、消費税があがるにつれ少しずつ値があがり、とは言え、適正価格に近づいてきたという言い方の方が適切かもしれませんが、まぁまぁコスパよし、くらいに落ち着きました。
今現時点では、レストランオザミのようランチコースがコスパ最強で、満足度が一番のような気がします。コース料理なら、どのフロアでも食べられますので、ゆったりしている上階のレストランオザミが良いかもしれません。

オザミビル レストラン
8Fー10F:レストランオザミ
4Fー5F:オザミ・デ・ヴァン
1Fー2F:プティオザミ

—–
銀座2丁目 オザミ・デ・ヴァン本店
■2013/1/15(火) ランチ
■平日ランチ 1,050円
ひさびさに、オザミ・デ・ヴァンでランチです。




オザミ・デ・ヴァン本店 外観
平日ランチは、1050円。
震災後から始まった平日ランチ価格ですが、とってもリーズナブル。
オザミ・デ・ヴァン本店 メニュー
まず前菜は、サーモンや、紫イモのスープ。
オザミ・デ・ヴァン本店 前菜
丸いパンがつきます。
オザミ・デ・ヴァン本店 パン
メインは、魚料理か肉料理を選べますが、選んだのは魚料理のタラのエスカベッシュ。
揚げた魚のパリっとした食感と、茹でた野菜のシャキシャキがなかなか美味です。
バジリコソースもよく合ってます。
うむ満足!!
オザミ・デ・ヴァン本店 魚料理
デザートのオレンジケーキとコーヒーもつきます。
オザミ・デ・ヴァン本店 デザート
内容まずまずの上に、お値段1050円は、CP抜群ですね。
このお値段ならば、以前はつけなかった、おすすめの★4つです。

———-
銀座2丁目 オザミ・デ・ヴァン本店
■2011/2/5(土) ランチ
■MenuB 2,625円+サービス料10%
ここランチは土日しかやってないんですよね。
そうここは、場所は隠れ家っぽい場所にありますが、すでに皆に知れ渡っているオザミ・デ・ヴァンで、休日ランチです。

やはりここは予約が必須のようで、と書いてますが、私の場合予約なしで、開店直後に「たのもぉー」みたいな感じでドアをあけて、お店の迷惑かえりみず席をあてがってもらってますが、見た感じ、3組くらいは予約なしで入れたようですが、その後はお断りしていたので、ここ目当てに来られる方は、きちんと予約して行った方が無難なようです。
ランチメニューは3種類。

MenuBのオードブルつきのメニューを注文です。
最初は、オードブルのテリーヌ。
まわりのトマトのソースが、意外とテリーヌにあっていて、おもしろい組み合わせでした。

次は、カブをベースにしたポタージュスープ。
ウン、これはとってもおいしい♪

そして、メインのお肉料理。子羊の香草焼き。
子羊の臭みをうまく消してました。さすがです。

最後に、デザートとコーヒー。


料理は、人気店で人を集まられるだけのことはあります。とてもおいしいと思います。
でも、サービス料10%とるのは、どうも頂けない。確かにサーブしてくれるスタッフさんの数は多いですが、それに見合うだけのホスピタリティを感じられるサービスでもないように思います。
それにしても、ここ女子率がやたらと高いですね。ほとんどが女性のペアかグループさんで、あまりアベックで来られている方はなぜか見かけません。