銀座1丁目 喰い切りひら山
■4/16(水) ランチ
■和風タンシチュー御膳 2,000円
ランチ始めたのでちょっと来てよ、と連絡があったのは、東銀座の喰い切りひら山の店主、平山さん。
同郷ということもあって、贔屓にしているお店です。
ちなみに、喰い切りひら山は、湘南地区のミシュランの星付きの常連店という勲章をひっさげて、5年前に銀座に引っ越してきた日本料理店。



ネット予約

お店入口

喰い切りひら山 入口

メニュー

ランチはもともと予約のみ受け付けてましたが、予約なしでも食べられるメニューを作ったとか。
それが、「和風タンシチュー御膳」二千円也というメニューです。
喰い切りひら山 メニュー

料理

以下、その和風タンシチュー御膳をいただきます。
最初に、ご挨拶の桜茶。
喰い切りひら山 桜茶
先付の、大根と揚げ物。
喰い切りひら山 先付
そして、こちらが、和風タンシチュー。
喰い切りひら山 和風タンシチュー
牛タンと牛すじが、じっくり煮込まれていて、柔らかいことこの上ないのです。
もちろん、牛のうまみが、シチューの中にたっぷりと溶け込まれてます。
喰い切りひら山 牛タン
野菜は、こちらも時間かけてじっくり蒸したものを、シチューに合わせているようです。
喰い切りひら山 野菜
面白いのが、この揚げた物体。
これ、パンなんですが、シチューによく合うんですよとおっしゃる通り、そう、よくあっておいしいのです。
喰い切りひら山 揚げたパン
濃厚な感じのシチューなので、味付けどうしているのかと伺うと、塩で味を整えているだけで、あとは、牛肉のうまみと野菜からエキスでおいしいんです、なのだとか。

ご飯は、もちろん釜炊き。
ついてくるちりめんじゃこといっしょにいただきます。
やっぱり和食の原点は、おいしいごはんですね。
喰い切りひら山 ごはん
最後にデザートは、お得意の酒粕入りのクレームブリュレ。
なんでも、ぐるなび主催の、秘書室のおもたせで賞にも選ばれたとかで、ニコニコしながら店主平山さん。
確かにこれおいしいんですけど、やけに自慢げに言うもんだから、ちょっとムカつきます。(笑)
喰い切りひら山 デザート

最後に

これで二千円で儲けがでるのとぶっちゃけて伺うと、いや、損はしないけど全然です。そりゃそうですよ。
もう少し多くのかたに、食べてもらいたいのと、こういうお店があることを知ってもらいたい、というのが本心だそうです。

高級和食店が、自信をもって提供する和風タンシチュー。しっかりと時間をかけて作っている料理ですので、良かったらお試しください。
相変わらず、料理に向かう姿勢が尊敬できる料理人だと思いました。

ネット予約

店舗情報

店名喰い切りひら山
住所
東京都中央区銀座1-22-11 大竹ビジデンス B1F

場所: Go to Google map
TEL03-6228-7522
営業時間

[火~土] 12:00~14:30(L.O.13:00)
[月~土] 18:00~23:00(L.O.20:30)
日祝休み

ホームページ

——-
銀座1丁目 喰い切りひら山
■2017/12/11(月) ディナー
■コース 14,256円、ドリンク 2,144円
今宵は、東銀座の日本料理のお店、食い切りひら山でディナー。
湘南の地でブレイクし、ミシュランガイド横浜・川崎・湘南で3年連続で星を獲得していた実力店。銀座に移転してから、早3年経過しました。そして、ご主人の出身が同じということもあって、ご贔屓したいお店です。



ネット予約

お店入口

喰い切りひら山 入口

メニュー

最近は、昼は営業していらっしゃらないようで、夜のみのオープンです。
夜は、コースが3種類、12000円、15000円、20000円(いずれも税抜きサービス抜き)とありますが、12000円でお願いしました。

料理

最初に、先付はウニ。
食い切りひら山 先付
椀は、真鯛と白子。
白子が出てくると、秋から冬へと向かう、季節感を感じます。
喰い切りひら山 椀
お造り。
真鯛の皮を引いて、それを食べさせてくれるのも面白い。味が濃くて、ポン酢にピッタリです。
喰い切りひら山 お造り
八寸。
あん肝だったり、からすみだったり、お酒とよく合うつまみのオンパレード。
喰い切りひら山 八寸
さらに、恰好のつまみが登場。香箱ガニ、雌のズワイガニです。
身とともに、味噌や卵がたっぷり。口の中がカニの味覚が広がります。
私は日本酒はからっきしダメなんですが、日本酒好きなら、これが出てくるとヤバイです。
喰い切りひら山 香箱ガニ
鴨肉の治部煮。
お出汁がよく出ています。
喰い切りひら山 鴨肉の治部煮
お食事は、窯で炊いた桜エビの炊き込みご飯。おこげつき。
もちろん、おかわりも頂きます。
喰い切りひら山 お食事
デザートもぬかりなく、果物のコンポートとシャーベット、そして、酒粕入りのクレームブリュレ。
まるで、フレンチで頂くデセルのようです。
喰い切りひら山 デザート

店内

店内は、カウンターと個室もあって、もちろん接待などにも使えるお店です。

最後に

お料理は、季節の旬な食材をじょうずに使った割烹料理。おいしかったと思います。
ゆっくりと時間を忘れて、食事を満喫させて頂きました。出身が同じ忖度を抜きにしても、おすすめの★4つで。
もっと注目されても良いお店だと思うのですが、あまりメディアなどに出てこないのが不思議です。