2014.8.17に閉店しました。




———–
銀座5丁目 ニコラシャール
「5/4本日より、ランチビュッフェがスタート」
“ねこりん”さんからお問い合わせを頂き、お店に訪問。
ちょうどニコラさんがお店の前にいらっしゃったため、直接伺いました。ニコラさん、相変わらず気さくです。
ランチビュッフェ
■価格は、 1,500円
■提供日時は、 [月~日]毎日のランチタイム12:00~14:00
■内容は、シューの中身にフレンチのお料理入れたもの、キッシュ、お母さんから教わったフレンチの家庭料理など

これまで頂いたニコラさんのお料理は、フレンチの前菜に出てきそうなお料理が多いので、そういう方面のお料理を頂けるのでは思います。


本日は、別のレストランの予約を入れていたため、伺えませんでしたが、また機会があれば、ランチビュッフェも試してみます。
——–
銀座5丁目 ニコラシャール
■2014/3/29(土) カフェ
■うさぎシュークリーム(さくらチェーリー)、シューアイス
最近メディアに出まくっているニコラシャールで、春の新作試食会に参加です。
NicolasCharles(ニコラシャール) 外観
本日の目玉商品は、こちらのうさぎシュークリームのさくらチェーリーです。
4/5からの発売で、4月限定です。
お値段伺うのを忘れましたが、消費税が上がる前で他のシュークリームが1つ530円だったので、4月になるとちょっとだけあがるかも。
少し高いですが、ひとつひとつ手作りで手間をかけているので、仕方ないところです。
NicolasCharles(ニコラシャール) 看板
外見は、他のうさぎシュークリームと同じような感じです。
相変わらず、女性好みそうなかわいいシュークリームです。
NicolasCharles(ニコラシャール) うさぎシュークリーム
ここのシュークリームの特徴は、中には、クリームじゃなくて、ムースが入っています。
そのため、甘めよりも、さわやかな味わいになって、これがまたおいしいのです。
今回の限定シュークリームには、中にチェリーのゼリーと、さくら色のムースが入っています。
NicolasCharles(ニコラシャール) うさぎシュークリーム
この人が、テレビに出まくってるニコラさん。
その場で、シュークリームを作ってくれました。
NicolasCharles(ニコラシャール) ニコラさん
シュークリームだけではなくて、ピスタチオのシューアイスも頂きました。これは、もう発売してるようです。
またしても、かわいい。。。
NicolasCharles(ニコラシャール) シューアイス

店舗情報

店名ニコラシャール
住所
東京都中央区銀座5-5-8 西5番街坂口ビル
TEL
営業時間[月~日] 1F テイクアウト11:00-21:00/2Fカフェ 11:00-21:00(LO20:30)
休みなし(年末年始のみ休み)

ホームページ


——————-
銀座5丁目 NicolasCharles
■2013/12/29(日) カフェ
■リエジョア「北フランスの湖」 1,575円
ボンジュール!!
そう、あの挨拶でおなじみのジョエルデュランの、日本での営業が終了となり、その後すぐに入ったのが、このNicolasCharles。
ジョエルデュランが閉店して悲しむ必要はなく、日本での運営は同じ会社で行うみたいですし、シェフのニコルさんもそのまま残っているみたいですし、馴染のお店の方も多く残っているみたいです。

2階のカフェスペースも、残っています。
ただ、かなりかわいい感じになってました。
NicolasCharles(ニコラシャール) 店内
今回もリエジョアです。
やはり大人パフェを目指しているようです。
NicolasCharles(ニコラシャール) リエジョア「北フランスの湖」
注文したのは、「北フランスの湖」というリエジョア。
NicolasCharles(ニコラシャール) リエジョア「北フランスの湖」
相変わらずの多層構造(?)です。
NicolasCharles(ニコラシャール) リエジョア「北フランスの湖」
上部の杏仁豆腐の下から出てきたのは、赤ワイン味のゼリー。
そして、その下には、白ワイン味のクリームブリュレ。
やはり大人なパフェです。
NicolasCharles(ニコラシャール) リエジョア「北フランスの湖」
ジョエルデュランのときと同じように、甘さ抑え目な、大人向けのパフェでした。
また、次々と新しいリエジョアの登場を期待したいと思います。

東京都中央区銀座5-5-8 西5番街坂口ビル
場所は、ここ
03-6264-1525
[月~日] 11:00~21:00(L.O.20:30)
休みなし(年末年始のみ休み)