銀座8丁目 炉端とうなぎ 瓢箪
■7/21(火) ランチ
■うな丼 1,800円
せっかくの土用の丑の日。ならば、最近うなぎが食べられるようになったお店、瓢箪でランチです。
先月後半から、うなぎ中心の炉端のお店としてリニューアルオープンしたそう。
並木通りの方ではなくて、見番通りの半地下の瓢箪です。



外観

瓢箪 外観

メニュー

ランチメニューは、うな丼とうな重。
瓢箪 メニュー

料理

注文したのは、お財布に優しいほうの、うな丼で。
お吸い物付き。
瓢箪 うな丼
千円台のうな丼ですから、半尾という小ぶりサイズ。
でも、国産は愛知の養殖うなぎを使ってます。
中は蒸されたふわふわ感。そして、外は炭火焼で香ばしく。これこそ、うなぎのおいしい所以。
瓢箪 うな丼

店内

奥に細長い店内は、カウンター席に、背中越しにはテーブル席も。

最後に

今年はうなぎの稚魚がだいぶ値が下がったというニュースを耳にしましたが、逆に、鹿児島方面では豪雨被害でうなぎ養殖にも一部被害が出ているとか。
うなぎ事情は、なかなかうまいようには、好転しないようです。

店舗情報

店名炉端とうなぎ 瓢箪
住所
東京都中央区銀座8-6-4 銀座扇やビル B1F

場所: Go to Google map
TEL03-6263-8822
営業時間

[月~金] 11:30~13:30、17:00~
土日祝休み

ホームページ