銀座3丁目 Rire Ginza
■3/24(土) カフェ
■桜のパンナコッタ 1,200円
こちらのメニューに、春発見。
Rire Ginzaでカフェタイム。

rire ginza 外観
今年の春のスイーツは、桜のパンナコッタ。
rire ginza 桜のパンナコッタ
いちごとパンナコッタで、桜をかたどってます。
まさに、今の季節ピッタリの春スイーツです。
rire ginza 桜のパンナコッタ
毎シーズンごとに変わるため、季節ごとのスイーツが楽しみなお店です。

店名Rire Ginza
住所
東京都中央区銀座3-10-14 2F

場所: Go to Google map
TEL03-6278-8270
営業時間[火~金] 11:30~15:00(ランチL.O.)、15:00~21:00
[土日祝] 11:30~15:00(ランチL.O.)、15:00~20:00
月曜休み

ホームページ


——–
銀座3丁目 Rire Ginza
■2017/6/24(土) カフェ
■アーリーサマー 2,000円
梅雨の中休み。
たまに伺うRere Ginzaでカフェ。元ミキモトラウンジのスタッフさんのお店です。

Rire Ginza 外観
こちらのパティシエさんの季節ごとにスイーツが楽しみですが、今は夏先取りのアーリーサマーというパフェ。
Rire Ginza アーリーサマー
上にメレゲのタワーをのせて、容器の中にはアイスや氷菓子の層になっています。
Rire Ginza パフェ上部
細長いパフェは、全体的にさっぱり味の夏仕様。
冷たいフルーツと氷が、かき氷のようにざくざくっとした食感でおいしいのです。
Rire Ginza パフェ横から
あっという間にたいらげてしまいました。
7月中旬には、新しいスイーツに衣替えだそうです。

——–
銀座3丁目 Rire Ginza
■2016/9/17(土) カフェ
■グラノーラアイスモンブラン 1,300円
そろそろオープンしてから1周年記念だそう。
元ミキモトラウンジから独立の、Rire Ginzaでカフェ。

Rire ginza 外観
秋の新作メニューがいくつか登場していました。
Rire ginza メニュー
やっぱりこれを注文します。
モンブラン。
Rire ginza グラノーラアイスモンブラン
栗は、茨城産の和栗。
チョコレートといっしょにグラノーラをちらばめてます。
Rire ginza 茨城産和栗
土台となる、マロンクリームの下には、バニラアイスです。
Rire ginza モンブランの中
全体的に甘みは控えめで、くどくならないようになっています。
ケーキというよりは、アイスにモンブランをトッピングしたスイーツです。
季節ごとに新作メニューが出てくるので、毎度楽しみなお店です。

——–
銀座3丁目 Rire Ginza
■2016/2/21(日) カフェ
■ストロベリーフラワー 1,300円
週末のいちごのスイーツで、思い出したのが昨秋オープンしたこちら。Rire Ginza。

rire ginza 外観
注文したのは、2月末までの期間限定で食べられるストロベリーフラワーです。
ご覧の通り、とっても綺麗です。
Rire ginza ストロベリーフラワー
崩してしまうのが、もったいないのですが、中身は、いちごのメレンゲの間にはさんだ、緑のアイスはピスタチオのアイスです。
下のソースとイチゴの酸っぱさのハーモニーがすばらしい。
Rire ginza ストロベリーフラワーアップ
パティシエさんは、元ミキモトラウンジのメンバーではないようですが、なかなかの腕前です。

Rire Ginzaさんも、すっかり銀座のスイーツラウンジとして定着しているようです。

——–
銀座3丁目 Rire Ginza
■2015/10/31(土) ランチ
■ブリウォッシュフレンチトースト 1,500円
ミキモトラウンジがcloseしてから、1年くらい経ちましたが、そこにいらしたシェフとフロアマネージャーさんがこちらでお店をオープンされました。
お店の名前は、Rire Ginza。

ランチメニューは、ミキモトラウンジでもおなじみだったフレンチトーストや、キッシュなど。
rire ginza ランチメニュー
デザートメニューは、こんな感じ。こちらもおいしそう。
rire ginza デザートメニュー
注文したのは、フレンチトーストで。
最初は、ミニカップのスープです。
rire ginza スープ
そして、フレンチトースト。サラダとグラタンつき。
他では食べられない、ふわっと感満載のフレンチトーストです。しっとりした食感は、ここでしか味わえない独特なものです。
rire ginza フレンチトースト
コーヒーとデザートもつきます。
rire ginza コーヒー
ミキモトラウンジがなくなってから、悲しんだ方もいらっしゃったようですが、ここでまた同様のデザートやランチを頂けるようになりました。
白を基調にした店内は、やっぱり女性向け。
女性のための、ちょっとおしゃべりサロンが復活です。